ヒートマットの各ブランドやメーカーについて

激安遠赤外線ヒートマットについて

高すぎて導入したくても出来ない、そんな常識を覆した激安タイプ

今までヒートマットを導入しているサロン=予算的に余裕があるサロンと言う認識でしたが、様々なサロン様とお話している中で、どうしても導入したいけど高くて買えない。中古品で出回るのを待っているとのお話を沢山頂きました。

MOCOエステでは色々なサロン様にヒートマットの良さを知っていただきたいと思い、工場や日本国内の企業と提携する事で激安価格を実現いたしました。
激安タイプのヒートマットについては激安の二つ折り、使いやすい三つ折り、人気のセパレートタイプの3種類の取り扱いになります。

CMLのヒートマットについて

常に業界をリードし続けている企業

ヒートマットの種類では業界トップクラスです。
選択肢が非常に多く、様々なクライアントからの要望を聞き新しく製造しているので今のところ毎年新商品が出ています。
電熱線、セラミック(遠赤外線)、三つ折、二つ折り、電磁波0、消費電力が低いタイプと条件によってお買い求め頂けます。
購入から修理までの対応まで考えられて作られている為、非常にオススメしやすい企業のヒートマットです。

ヴィーナスボディサウナについて

フェイシャルやデコルテの施術がしやすい国産タイプ

ヴェーナスボディサウナは従来のヒートマットに比べてフェイシャルやデコルテ部分の施術のしやすさにこだわったブランドです。
上からめるく、下からめくると言うタイプではなく、左右に開くというタイプなので、マットに負担をかけないので断線しにくいのがポイントです。
最大温度は65度と他のヒートマットと少し低めですが高遠赤外線エネルギーを持つSGEストーンを粉末状にしたものをマットに使用し60度で使用した際にもっとも効果を発揮します。
また軽量なので持ち運びにも向いています。

テルモシュダシオンについて

胸・腰・脚の3箇所で温度調節可能

滝川(株)のヒートマットです。温める場所を胸・腰・脚の3箇所から選択でき、それぞれ違う温度調節をする事が出来ます。設定温度は他のメーカーのものに比べて45℃と低いので汗をかかせたいという方は違うタイプが良いでしょう。
こちらもヴェーナスボディサウナと同じ日本製なので海外製は使うのが怖いという方にオススメします。

メビコジャパンのヒートマットについて

肉厚のあるマットが最高の寝心地を生み出す

テルモシュダシオンと同様胸・腰・脚の三箇所で温度調節が出来るタイプのヒートマットです。マット部分に少し肉厚があるので長時間寝ていても疲れずらいタイプです。ただ、独特なカラーなのでサロンイメージを気にされるのであれば違うタイプがオススメです。