取り扱いフェイシャルシート数12種類

エステ用フェイシャルシート

サロンで使える裏技もご紹介

フェイシャルエステに必須の

フェイシャルシート

多数取り扱い中!

フェイシャルシートの選び方

デザインで選ぶ

フェイシャルシートは一般的に顔に乗せるタイプが主流ですが、現在では目的に応じたケアが可能となっております。
ブライダルケアではデコルテをメインでケアするケースや、口回りのニキビへの対応、目の周りのシミやそばかすのケアなど施術に応じた対応が可能となっております。

素材で選ぶ

フェイシャルエステですと、クライアント様の肌質によって化粧品をお選び頂く事があるようにフェイシャルシートもコットン100%の物など材質からお選び頂けます。
より顔にフィットさせたい場合は、伸縮性の高いポリエステル素材などをお選び下さい。

取り扱いフェイシャルシート一覧

フェイスシート

コットン100%

左右取手付きのフェイシャルシート剥がしやすいので使いやすい

フェイシャルシート

不織布 (レーヨン+PET)

リーズナブルでソフトな肌触りのフェイシャルシートです

美顔用コットンマスク

コットン100%

あご下までカバーしてくれるロングサイズのコットンマスク

フェイスキュットシート

ビスコース50%+ポリエステル50%

耳かけ付きでフェイスラインを引き上げながらしっかりケア

ネック付きフェイシャルシート

不織布 (レーヨン+PET)

首付きのリーズナブルでソフトな肌触りのフェイシャルシート

アルミフェイスマスク

アルミ

アルミ素材なので短時間で、しっかり発汗させる事が出来るシート

デコルテ&ネックシート

ビスコース50%+ポリエステル50%

高級天然シートなので美容液が無駄なく浸透し効果的です

プルプルリップシート

コットン100%

切り込みがあり、しっかりリップにフィットします。潤いのある唇に

サロンで使える裏技のご紹介

オリジナルパックで付加価値のあるサロンに

フェイスシートに精製水、化粧水やお好みの美容液を混ぜた物を加える事でオリジナルパックを作る事が出来ます。
お店独自のレシピがあれば他店には真似できないので付加価値を高める事が出来ます。

オリジナルパックの作り方

注意事項

  • オリジナルパックを作る際は必ず清潔な手でお作り下さい。
  • 長期保存は出来ません。