電話番号の変更 03-5953-4001 → 078-441-0705

エステベッドの選び方

  • ベッドの幅について
  • ベッドの高さについて
  • フェイスフォール(有孔)タイプについて

エステベッドの選び方

エステベットを購入する際には施術内容に則したサイズをお選びいただく必要がございます。 こちらでは、一般的なエステベッドの選び方をMOCOエステ流にご紹介いたします。
今回は人気のFONTANA(フォンタナ)ブランドのエステベッドを使用しました。エステベッドとモデルの写真を参考にサイズ感を想像してください。(モデルの身長は165cmです)
選び方は、エステベッド、アカスリベッド、フェイシャルベッド、軽量持ち運びベッドにすべて共通です。
また、ショールームやメール、お電話にてご相談も承っております。
エステベッド専門スタッフがニーズに合わせたエステベッド・マッサージベッドをご提案させていただきます。
分かりにくい点・疑問点などございましたら、お気軽にご相談ください。
※撮影時はエステベッドをそのまま使用しておりますが、通常時にエステベッドのご使用の際はシーツ類をご使用ください。シーツ類を使用しない場合、生地の消耗・劣化、傷み等を促進する可能性がございます。

モデルの身長 165cm

エステベッドの幅について

エステベッドの幅の標準サイズは一般的には70cmとされています。
これは施術やその手技によって最適な幅が異なるため一概には言えませんので、あくまで目安です。
クライアントにとっては幅が広い方がゆったりして安心感が大きいでしょう。クライアント目線では余裕のある幅感の方が比較的喜ばれるかもしれませんが、単に大きいほど良いということではございません。
エステの場合、70cm前後~75cmほどのエステベッドを使用されている方が大半です。エステの他、アロママッサージやヒーリング、鍼灸なども該当します。


それより幅が狭めの、60~70cmのものは整体向けのサイズです。その他、スポーツトレーニングやカイロに向いています。
また、ご使用になる方の身長によってもおすすめの幅は変わります。
155㎝未満の方は70㎝幅、またはそれ以下のサイズがおすすめです。
エステベッドの幅が広くなるにつれて、ベッドサイドからクライアントへのアクセスがしにくくなります。練習時の使い慣れたサイズを基準にすると良いでしょう。
それから、設置スペースを確認してください。
店内や院内のどこにどのように設置するか。折りたたみベッドの場合は、組み立て時のスペースも多少確保することが必要です。
搬入時にドアやエレベータのサイズも問題がないか必ず確認してください。

  • 61cm幅
  • 70cm幅
  • 75cm幅
  • 80cm幅

エステベッドの高さについて

エステに使用する際の高さ設定は65cm以上にされる場合が多いです。
ただ、これはエステティシャンの身長によっても異なります。
複数人でベッドを共有する場合、全員の身長を考慮して高さ調整のできるベッドを選んでください。
エステやアロマなど、強く圧をかけることをメインとしない施術の場合、高めの設定ができる60~82㎝前後のエステベッドが好まれます。
それに対し、強く圧をかける整体のような施術は、ある程度ベッドを低く設定した状態で行うため、45~65cm前後のタイプを好まれます。 高さ設定が商品ごとに異なりますので、ご確認ください。
上の画像は高さを一番高い状態に設定したもの、下の画像は高さを一番低い状態に設定にしたものです。
※モデルの身長は165cmです。
※高さの表記は、床からエステベッドのクッション表面までの高さです。実際はその上にクライアントが横になるので、身体の厚みも考慮して検討してください。

  • 52~66cm
  • 45~65cm
  • 60~82cm

フェイスホール付(有孔)タイプについて

ベッドの寝台部分にフェイスホールが空いているタイプのベッドを一般的に有孔タイプを表わします。ノーマルな通常タイプ(穴が空けられていないタイプ)は無孔タイプと言います。
基本的にフェイスホール部分はうつ伏せ時に使用します。息苦しくなく、ベッド本体に穴を空けた形なので、非常に安定感があります。 フェイスホールの有無でベッドを選ばれる方もいらっしゃいますが、使いやすいかどうかはご本人次第です。
手技によっては使い勝手が良いとも言えますし、使い慣れない方にはこれまでの手技を変えなければ施術の運びが滑らかにならないというケースもあります。
うつ伏せ時の体勢が異なるため、クライアントによってもお好みがあります。
また、身長によってはフェイスホール使用時に足がかなりはみ出して気になるというケースもあります。
Fontanaブランドのエステベッドは長さが182cmのワンサイズなので、男性のクライアントの場合は多少足がはみ出るかもしれません。
そういったときは外付けのヘッドレスト(フェイスクラドル)を使用して長さを伸ばします。ヘッドレスト(フェイスクラドル)を使用すると、装着時は210㎝ほどのサイズになります。
逆に、設置スペースが狭いときはコンパクトな状態で使用できる有孔タイプはおすすめです。

ノーマルタイプとヘッドレスト装着時の比較

エステベッドの特設ページはこちら